アンケート

アンケートに関するお願い

アンケートにより取得した内容については、イデア・コンサルティング株式会社及び、その親会社である富士ソフト株式会社の利用に限定致します。

1.お客様のプロフィールを記入ください

個人情報の
取扱いへの同意
個人情報の取り扱いについてはこちらのページよりご確認ください
姓(フリガナ)
名(フリガナ)
会社名
部署名
役職
都道府県
市区郡町村番地ビル・
マンション名
会社代表電話
 -  - 
個人連絡先電話
 -  - 
E-mailアドレス
業種
売上高
従業員数

※以下のアンケートは、お役立ち資料「DX支援サービスのご案内」の各ページ内容に対応していますので、「DX支援サービスご案内」をご覧いただきながらご回答ください



2.貴社のDXに対する取り組みについて

1.貴社のメインビジネスについて、ディスラプションの危機を感じられたことがありますでしょうか?(p2)
「はい」と回答された方に質問します。
貴社のメインビジネスに関する具体的な危機感について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
ディスラプションの危機を感じていない理由について、記述ください。
2.最新のデジタル技術を利用して顧客視点でどのような価値を創出するか、社内で議論されたことがありますでしょうか?(p3)
「はい」と回答された方に質問します。
社内で議論された内容について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
社内で議論されていない理由について、記述ください。
3.ビジネスモデルや業務プロセスをどのように変革するか、戦略やロードマップが明確になっていますでしょうか?(p3)
「はい」と回答された方に質問します。
変革のための戦略やロードマップについて、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
変革のための戦略やロードマップが明確になっていない理由について、記述ください。
4.ビジネスモデルや業務プロセスの変革のために、経営者様が自ら先頭に立ってコミットしていますでしょうか?(p5)
「はい」と回答された方に質問します。
経営者様がコミットしている内容について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
変革に経営者様がコミットしていない理由について、記述ください。
5.DX推進がミッションとなっている役員様や部署名と、その役割が明確になっていますでしょうか?(p5)
「はい」と回答された方に質問します。
DX推進がミッションとなっている役員様や部署名について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
DX推進がミッションとなっている役員様や部署名が明確になっていない理由について、記述ください。
6.ビジネスモデルや業務プロセスの変革が、部門最適ではなく全社横断的な取り組みとなっていますでしょうか?(p6)
「はい」と回答された方に質問します。
全社横断的な取り組み内容について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
全社横断的に取り組めていない理由について、記述ください。

3.貴社の基幹システムについて

7.DXを実現するにあたって、基幹システムにどのような見直しが必要であるか、把握していますでしょうか?(p7)
「はい」と回答された方に質問します。
基幹システムを見直す内容について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
基幹システムの見直しをしていない理由について、記述ください。
8.新しいビジネスモデルを適用するにあたって、迅速に対応できる基幹システムになっていますでしょうか?(p7)
「はい」と回答された方に質問します。
新しいビジネスモデルに迅速に対応できる理由について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
新しいビジネスモデルに迅速に対応できない理由について、記述ください。
9.AIやIoTなどが利用できるように、業務の源泉からデータ取得できる基幹システムになっていますでしょうか?(p7)
「はい」と回答された方に質問します。
業務の源泉からデータ取得できる理由について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
業務の源泉からデータ取得できない理由について、記述ください。
10.基幹システムの見直しにあたって、技術的負債を低減し、攻めのIT投資に向けた施策を計画していますでしょうか?(p7)
「はい」と回答された方に質問します。
施策の計画内容について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
技術的負債を低減できない理由について、記述ください。
11.自社のノンコア領域において、アドオンを行わずにERPパッケージを導入することは可能でしょうか?(p8)
「はい」と回答された方に質問します。
アドオンを行わないために必要なポリシーについて、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
ノンコア領域であるにも関わらずアドオンを行う理由について、記述ください。
12.過去にERPパッケージの導入を行ったときに、当初立てていた導入目的を達成できましたでしょうか?(p8)
「はい」と回答された方に質問します。
達成できた導入目的について、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
導入目的を達成できなかった理由について、記述ください。

4.弊社のDX支援サービスについて

13.弊社のDX支援サービスについて、ご興味をお持ちでしょうか?(p9)
「はい」と回答された方に質問します。
①~④のステップのうち、特にご興味のあるステップについて、記述ください。
「いいえ」と回答された方に質問します。
ご興味いただけない理由について、記述ください。
14.「①DXテーマの導出」 について、ご質問がある場合は、その内容を記述ください。(p10)
15.「②組織リーダーシップ診断」 について、ご質問がある場合は、その内容を記述ください。(p11)
16.「③基幹システム診断」 について、ご質問がある場合は、その内容を記述ください。(p12)
17.「④ソリューション選定」 について、ご質問がある場合は、その内容を記述ください。(p13)

5.弊社について、何かご質問がございましたら記述ください

自由入力欄

以上、ご回答ありがとうございました。

ご回答いただいた方には、「DX適用度診断」の結果、又は「経営のイロハをDX化する『開発しないシステム』 導入のポイント(中央経済社)」を進呈いたします
なお、以下に該当するものは無効アンケートとし、進呈の対象外とさせていただきますことをご了承願います
・ プロフィールに誤りがある
・ 回答漏れがある
・ 回答内容が不明瞭、または矛盾点が多い